雨水

u s u i 地球と太陽が雨水の時間をさしましたが 雨はなかなか雪にならず 例年にない暖かな卯月花の訪れを待つ“空華”かな我が家の庭に早くもつくしの芽が!

本日恒例の城崎行き 立春明けにやっと寒波到来! 露天風呂であられ風呂 峰々は薄化粧 梅花一枝の春

如月

如月桃の花一輪桜染めした和紙は 桜の香り

春近し

大寒を過ぎたばかりなのに 春の嵐がもうやってきた神戸です 立春まであともうすぐです ぱぴ絵では、節分用のお軸やぱねる表具をたくさん制作しておりました 「遠仁者疎富 富久者有智」 仁に遠い者は富も遠ざかり 智慧を持つ者は久しく富む歴代の禅宗の和尚は…

お節料理

10人ほどのご婦人方による持ち寄りお節御膳!数の子 黒豆 伊達巻 紅白なますなどなど・・・ それぞれの家庭の味の祝い膳。 我々は庭で採れた菊芋を中華風に味付けして持参しましました。 50名の方々と初春のお食事会。 一年に一度の集いにお誘いいただき、我…

大晦日 六甲山頂は猛吹雪で雪化粧明けて元旦 お山から新しい息吹モノから心へ移りゆく気配 ゆっくり 確実に 大きな鼓動へと日 新た 日々新た 明けましておめでとうございます!また今日も新しい一日が始まりました 令和二年 元旦 一休&颯

銀杏

銀杏の落ち葉を拾いに近所を散策というのも先日、表具の師匠からイチョウの葉に防虫効果があることを教えてもらいました昔から例えば本のしおり替わりに また掛け軸の収納箱にも落ち葉を一枚忍ばせていたそうで・・・貴重な先輩からのアドバイス これから私…

小春日和

花見弁当

大嘗祭

人生初めての稲刈り自然農の田んぼへお誘いいただき少しだけお手伝い雑草に混じった稲を刈る赤黒緑の古代米と あさひ米天日に干して豊穣に感謝!

実りの秋

煮てよし 焼いてよし 生でよし キクイモ今年の初収穫全くの放ったらかしでも毎年必ず実らせてくれるキクイモは我が家の貴重な食料であります

立冬

我が家の炉開き 鯵を焼く十一月八日 小春日和の立冬 火のある暮らし

神戸名物ポートタワーにインドが立つ!

落款

お寺へお伺いする日 和尚が禅語を書いていらっしゃる横でひたすらハンコを押す…それが私のその日の役目です。 禅語の右上に押すのが遊印と呼ばれ、大道和尚はご自身の好きな言葉「知足」を遊印にされております。 和尚の名前の下に押しているのは、極楽禅寺…

迎春準備

秋風冷える頃 早くも迎春準備にとりかかります一路城崎 極楽禅寺へ訪問門前にある和尚の一言メッセージ つくばいの「吾唯知足」 来年の干支「子」の絵に賛を書いていただきました 稔の稲穂をくわえたねずみが新春の床の間を飾ります 沢庵和尚ゆかりの極楽禅…

秋 色めく

う〜さぎ うさぎ

何みて跳ねる夕焼けお月さまが おやまからぽっこり長月 十六夜

ぱぴ絵では ◎掛け軸の制作(茶掛け・デザイン表具等) ◎書画の裏打ち ◎ぱねる表具制作 を行っておりますまた ◎古くなった掛け軸の修繕・修復 ◎色紙・短冊を掛け軸に仕立て直す ◎お好みの禅語で掛け軸を制作 などのご注文を承っております 特に試作品などは、…

重陽の節句

9月9日重陽の日 六甲山にて火を囲む会 第二回目 前回は夏至の日 節句の日に全ての邪気を焼き尽くす野火 食べて唄って語って呑んで カシオペヤ座と線香花火の落つる夜 ー神戸市立自然の家にてー

表具工房ぱぴ絵より

夏には夏の 冬には冬の 地域や気候により服を着替える人間がそうであるように、禅語や墨絵に服を着せて掛け軸に仕立ててゆきます。 【表具工房 ぱぴ絵】では、季節やシチュエーションに合わせて一本ずつ表装し、伝統的な様式にとらわれず現代の家屋空間に合…

夏の終わり

須磨 老舗の海の家かっぱ天国

月 掌にあり

神に見放されたら 自ら運を掴め!ベンチで夕涼み・・・一休戯れ言

暑中お見舞い申し上げます

気温が30度をこえるのが当たり前に それに慣れていく身体 慣れていかなけばその場所にいられないのかも、、冷房がよく効いたカフェにて想う(一休)

ベトナムの風に吹かれて

凄まじいパワー! 信号のない広い道路でも、この大量のバイクの流れを見ながら横切る(汗) 一泊500円のロッジ 夜は虫の声に包まれて、赤い目玉のサソリの下 蚊帳でひと眠り 朝からパワフルな水上マーケット 梅雨のひと休み 只今充電中・・・!

カヤックに挑戦

六甲山 穂高湖にて カヤックに挑戦! 日は高く 夏至る 川蝉と遊ぶ水辺より

日の入り 月の出

沈む夕陽の向かい側もうすぐ夏至 まんまる満月

極楽禅寺

【6/5 極楽禅寺訪問】京都にある大徳寺の末寺である極楽禅寺 大徳寺三玄院の誡堂老師の紹介で、私が初めてこのお寺に訪れたのは40年以上前になります。以来、今に至るまで月に何度か訪問させていただいています。極楽禅寺の大道和尚は、父宗興和尚の跡を継が…

ぶらり散歩

身近で見つけた浄土の世界

実り

散歩の途中ハツモノ get!真夏日の来客

巣立ち間近

看板の上に毎年やってくるツバメ 3羽の子供たち 狭い巣の中翼を広げてバタバタ準備運動我が子を見守る母ツバメそれを見守る暇閑人

茶道具の市

神戸にて全国からお茶の道具屋さんが集まり 茶道具の売り買いが行われます ひと山千円から 一品百万円以上の物まで茶道具なら大抵のものが揃います。 本物か偽物か目利きが勝負!私も古い掛け軸を見ては色々勉強しております。 全国から集まる茶道具屋さん …